2020.12.21

有馬記念で思い出す「世紀の一発屋」。忘れられない遅咲きの名馬たち

  • 新山藍朗●文 text by Niiyama Airo
  • photo by Kyodo News

 競走馬がその競走人生のピークを迎えるのは、一般的に4歳~5歳と言われている。

 だが、その時期を迎えても、パッとしない馬は多数いる。一流馬としての素質を持ちながら、それが一向に開花しない馬も少なくない。

 ただ稀に、苦闘に苦闘を重ねた結果、競走人生の晩年に差し掛かる頃、一流馬の証であるGIの勲章を手に入れる馬がいる。

 人間のスポーツ界においても時々いる、才能が開花するまでに他より長い時間を要する、いわゆる「遅咲き」という馬である。

 そんな"遅咲き"の馬たちの蹄跡を追ってみた。

 思いつくまま、ざっと名前を挙げてみたい。

 6歳でGIジャパンカップを勝ったタップダンスシチー。翌年には海外GIの凱旋門賞にもチャレンジした(※年齢は現在の表記。以下同)。

 同じく6歳時のGIスプリンターズSで初のGIタイトルを手にしたダイタクヤマト。出走16頭中、最低の16番人気で、単勝は257.5倍もついた。

 大波乱を起こした"遅咲き"と言えば、6歳時にGI有馬記念を勝ったダイユウサクもそう。その前後でGIでの好走例はなく、ブービー人気(単勝137.9倍)で戴冠を果たし、「世紀の一発屋」とも呼ばれた。

 さらに、オフサイドトラップはサイレンススズカの不慮の事故があったとはいえ、7歳秋にGI天皇賞・秋を制覇。屈腱炎に何度も泣かされながら、そのつど、見事に復帰して、競走生活の終盤に大仕事をやってのけた。

8歳の秋になって、初のGIタイトルを手にしたカンパニー このオフサイドトラップの上をいくのは、カンパニー。8歳にして、GI天皇賞・秋を勝利。平地GI制覇の最高齢記録を築いた。天皇賞・秋のあとには、GIマイルCSも制してGI連勝を飾った。