2020.12.20

荒れる朝日杯FSを美女馬券師が占う。経験値を重視して狙うは好配当!

  • text by Kuujyo Non

美女馬券師のGI最終決断
空条のん~朝日杯FS編

くうじょう・のん/ミス東スポ2020。ネットの競馬番組『ウマバラ』にレギュラー出演中。馬の生い立ちや気性に注目し、「人間だったら、どんな人だろうか?」と想像するのが好きなんだとか。好きな馬はアーモンドアイ。「熱中症になりやすい体質にもかかわらず、常に全力投球する姿勢にいつも勇気づけられました」◎ホウオウアマゾン
◯レッドベルオーブ
▲ステラヴェローチェ
△ショックアクション
△モントライゼ
△ドゥラモンド

 ミス東スポ2020の空条のんです。

 牡牝で無敗の三冠馬が誕生し、アーモンドアイが芝GI通算9勝の金字塔を樹立。そして、先週のGI阪神ジュベナイルフィリーズでは、ソダシが"白毛馬"として史上初のGI制覇! コロナ渦で気持ちが沈みがちですが、相次ぐ競馬界のビッグニュースに、とても勇気づけられますね!

 今週は、GI朝日杯フューチュリティS(12月20日/阪神・芝1600m)! 競走名の「フューチュリティ(Futurity)」は、英語で「未来」を意味する言葉です。明るい"未来"が来ることを信じて、可能性あふれる2歳馬たちに夢を託しましょう!

 朝日杯FSの開催地が阪神競馬場に移ってから、毎年のように穴馬が台頭し、荒れるレースのひとつと言われています。今年も多彩なメンバーが顔をそろえ、穴党の鼻息が荒くなりそうですね(笑)。

 今回は予想にかなり時間を要しましたが、主に"経験値"に注目しました!

 本命はホウオウアマゾン。出走メンバーの中で、舞台となる阪神・芝1600mの最多経験者。まだレース経験の浅い2歳馬にとって、その"経験値"というのは、とても大きな武器になるはず。しかも、3戦1勝、2着2回と好成績を残しているのが強みです。

 さらに、過去4戦すべてが1600m戦で、競馬場は異なりますが、持ち時計を毎回更新していることから、その成長が顕著に見て取れます。

 素直で前向きな気性と、しっかりとした体つきは、キングカメハメハの血を濃く受け継いでいる証拠です。キングカメハメハ産駒は、2015年のこのレースでワンツーフィニッシュを決めており、血統的な舞台相性もバッチリ! 一発への期待が膨らみます。