2020.10.17

秋華賞はデアリングタクトの相手探し。
穴党記者が自信満々で推す3頭

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 3歳「牝馬三冠」の最終戦となるGI秋華賞(京都・芝2000m)が10月18日に行なわれる。

 注目は何と言っても、史上初の無敗での牝馬三冠がかかっているデアリングタクト(牝3歳)。はたして、その偉業は成し遂げられるのか、大きな関心が寄せられている。

 過去10年の結果を振り返ってみれば、1番人気は4勝、2着1回、3着1回、着外4回。勝った4頭はいずれもGIオークス(東京・芝2400m)を勝っており、そのうち3頭は春の二冠馬で、見事に三冠を達成している。そうした状況を鑑みれば、デアリングタクトもそれらに続く可能性はかなり高い。

 そして、「穴党」として知られるトラックマンの多くも、今回ばかりはそういった見方をしている。デイリー馬三郎の吉田順一記者が語る。

「オープン特別のエルフィンS(2月8日/京都・芝1600m)が約3カ月ぶり、GI桜花賞(4月12日/阪神・芝1600m)が約2カ月ぶりのレースでしたが、デアリングタクトはともに難なく快勝。気性的にも体が緩まず、鉄砲が利くタイプで、およそ4カ月半ぶりとなる今回も特に心配することはないでしょう。

 超高速馬場での上がり勝負はどうか、父エピファネイアの特性が京都の内回り・芝2000mに合うかかどうか、といった一抹の不安はあるものの、1週前に適度に馬場が荒れて、適度に上がりのかかる設定になっていれば、脚力と底力がモノを言いそう。ここは"相手探し"と見るのが正解かもしれません」

 また、スポーツ報知の坂本達洋記者も、「(デアリングタクトは)どんな条件でも能力を発揮できる力強さ、逞しさが抜けています。ひと夏を越して急上昇しているライバルも見当たりませんから、春に戦ってきた相手とおおまかな勢力図は変わっていないように思います」と、吉田記者の見解に同意する。