2020.09.21

ルージュバックの弟テンカハル。
「追うごとによくなっている」

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

◆セントライト記念で面白い「3頭の穴馬」>>

厳選!2歳馬情報局(2020年版)
第16回:テンカハル

 すでに5頭が勝ち上がるなど、今年の2歳戦線でもトップトレーナーとして存在感を示している栗東トレセンの矢作芳人調教師。実はこの厩舎には、これからデビューする2歳馬の中にも、期待の大物や話題の良血馬がまだまだ控えている。

 昨夏の「セレクトセール」で2億9000万円(税別)という高額で取引され、早くから注目を集めていたテンカハル(牡2歳/父キングカメハメハ)も、その1頭である。

 同馬の母は、ジンジャーパンチ。GI6勝を挙げるなど、アメリカを代表する名牝だ。そして父が、日本を代表する種牡馬の1頭であるキングカメハメハとなれば、それだけの高値で取引されるのも頷ける。

重賞戦線で活躍したテンカハルの姉、ルージュバック もちろん、繁殖牝馬となったジンジャーパンチの実績も大きい。2012年に生んだルージュバック(牝/父マンハッタンカフェ)は、デビュー戦から牡馬相手で3連勝を飾る快進撃を見せた。なかでも圧巻だったのは、3戦目のGIIIきさらぎ賞(京都・芝1800m)。有力牡馬たちをまったく寄せつけず、牝馬として51年ぶりの勝利を挙げた。

 その後、GI桜花賞(阪神・芝1600m)9着、GIオークス(東京・芝2400m)2着と、牝馬クラシックでは栄冠を獲得できず、古馬になってからもGIタイトルを手にするまでには至らなかった。それでも、重賞戦線で奮闘。牡馬トップレベル相手に、GII2勝、GIII1勝という立派な成績を残した。

 そのルージュバックの弟となるのが、テンカハル。セレクトセールの際、矢作調教師がオーナーにこの馬を薦めたというエピソードもあって、競馬ファンの間では一段と注目度が増している。