2020.08.14

関屋記念は例年と異なる様相。
穴党記者は驚愕の穴馬4頭を推す

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

◆鷲見玲奈インタビューカット集「最新版」>>

 夏の新潟開催も、はや4週目。伝統のマイル重賞、GIII関屋記念(新潟・芝1600m)が8月16日に行なわれる。

 過去10年の1番人気の結果は、3勝、2着2回、3着1回、着外4回と、可もなく不可もなく。大波乱が起こっている印象はない。それでも、3連単の配当はすべて万馬券。10万円超えの好配当も3回出ており、オイシイ馬券をゲットできるチャンスは十分にある。

 このレースの傾向について、スポーツ報知の坂本達洋記者は、「例年のパターンとしては、GIヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)や、GIII中京記念(中京・芝1600m)から参戦してくる馬の好走例が多いです」と語るが、今年はちょっと様相が違うと言う。

「なにしろ、今年の中京記念(7月19日)は、阪神競馬場(芝1600m)で開催されました。しかも、最低人気のメイケイダイハード(牡5歳)が勝って大波乱を演出。これまでのように、レース予想の材料にするには、心許ないレースとなってしまいました。

 また、先週日曜日の新潟のレースは不良馬場で行なわれたレースがほとんどで、馬場がだいぶ荒れてしまったように思います。

 そうなると、例年のような"平坦で時計が速い新潟"といったイメージは振り払って、予想を組み立てるべきでしょう。力を要する荒れ馬場を苦にしない馬、あるいは前でしぶとく粘り切れる馬をピックアップしたいですね」

 そこで、なんと坂本記者は、GII京王杯スプリングC(5月16日/東京・芝1400m)で13着に沈んだドーヴァー(牡7歳)の名前を挙げた。