2020.06.20

ユニコーンSでウハウハ予想。
穴党記者がホレた3頭に決め手あり

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 3歳馬のダート重賞、GIIIユニコーンS(東京・ダート1600m)が6月21日に行なわれる。7月に開催される地方交流GIのジャパンダートダービー(大井・ダート2000m)の前哨戦といった感もあるが、このレースの勝ち馬がのちに古馬のダートGI戦線で活躍することが多く、ダート界の"出世レース"として注目度の高い一戦である。

 過去10年の結果を見てみると、1番人気は3勝、2着3回、着外4回と及第点。さらに、勝ち馬はすべて3番人気以内で、極端な高額配当は期待できないように思える。しかし、3連単では好配当が何度となく生まれており、2014年には22万770円、2015年には10万770円といった高配当が飛び出している。

 そうなると、穴党にも十分に楽しめる一戦と言えるが、今年はどんなレース展開になりそうなのか。スポーツ報知の坂本達洋記者はこう語る。

「今年は、ハイペースとなることが濃厚。消耗戦の末、差し馬の台頭があるのでは? と見ています」

 坂本記者がそう予測するのは、デビュー2連勝中で、人気の一角と見られるレッチェバロック(牝3歳)の存在があるからだ。

「レッチェバロックは、抜群のスピードを生かした逃げ切り勝ちで2戦とも圧勝してきました。そして、同馬を管理する藤沢和雄調教師は、『(レッチェバロックは)トレーニングセール出身の馬で(気性が)前向き。最初は1400m(の距離)もどうかな? と心配していたけど、競馬を覚えてきたので、マイルくらいまで(の距離)は大丈夫でしょう』とコメント。今回も、持ち前のスピードで勝負する構えで、ハナを奪いにいくのは間違いありません。