2020.06.07

名伯楽・藤沢和雄調教師の花道を飾るか。
アークライトの走りに期待

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

厳選!2歳馬情報局(2020年版)
第2回:アークライト

 関東のトップトレーナーとして、長年活躍してきた藤沢和雄調教師。たくさんの名馬を育て上げ、GIタイトルも数多く手にしてきた。

 タイキシャトルでは、フランスのGIジャック・ル・マロワ賞(フランス・芝1600m)を制覇。ゼンノロブロイでは、GI天皇賞・秋(東京・芝2000m)、GIジャパンC(東京・芝2400m)、GI有馬記念(中山・芝2500m)を制して、「秋の古馬三冠」を達成した。

 そして、レイデオロでついにGI日本ダービー(東京・芝2400m)を勝利。悲願のダービートレーナーとなった。

 そんな名伯楽が、再来年の2月には70歳の定年を迎え、引退することなる。つまり、今の2歳世代がクラシックに挑む最後の世代となるわけだが、藤沢調教師が花道を飾るに相応しい期待の素質馬がふんだんにいる。なかでも、6月中のデビューに向けて調整されている1頭が、大きな注目を集めている。

 アークライト(牡2歳/父ディープインパクト)である。

姉ハープスターと同様の活躍が期待されているアークライト 同馬が脚光を浴びるのは、7つ上の姉にハープスターがいるからだ。

 ハープスターは、新馬戦、GIII新潟2歳S(新潟・芝1600m)と、強烈な末脚を繰り出して2連勝。一躍「クラシック候補」と騒がれた。