2020.06.08

池添騎手演出の完璧なアーモンドアイ包囲網。
グランアレグリアが安田記念を制覇

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Kyodo News

 出走14頭中、10頭がGI馬という豪華メンバーがそろった今年のGI安田記念(6月7日/東京・芝1600m)。だが、これほどの面々が集結しながら、ファンの視線は1頭の馬に集中していた。

「現役最強馬」と言われるアーモンドアイ(牝5歳)である。同馬の快挙達成――すなわち、史上最多の芝GI通算8勝なるかに多くの関心が寄せられ、単勝オッズは1.3倍。1.7倍だった昨年以上の支持を集めた。

 ところが、アーモンドアイにとって、東京・芝マイルという舞台は”鬼門”だった。昨年の3着に続いて、今年も苦杯をなめた。

 スタートで後手を踏み、4コーナーでは目の前のヴァンドギャルド(牡4歳)が少しバランスを崩して、その影響を受けてしまった。さらに直線を向くと、前も、横も壁となって、追い出しに手間取った。最後は2着まで追い上げて意地を見せたが、多大な人気に応えることができず、日本競馬界初の偉業は果たせなかった。

 そんなアーモンドアイとは対照的に、何もかもがうまくいったのが、見事に戴冠を遂げたグランアレグリア(牝4歳)だった。

 スタートは先行勢ともヒケをとらない発馬を決めると、道中は周りに馬を置かず、中団あたりでノビノビと追走。直線を向くと、あっさりと抜け出して、追いすがるアーモンドアイらを逆に突き放す快走を見せた。