名牝ブエナビスタが母のブエナベントゥーラ。
デビュー戦での勝算は?

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

 その後、秋のGI戦線では不運もあって勝ち切れなかったが、古馬になると、まずはGIヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)で栄冠を獲得。秋には強豪牡馬を蹴散らして、GI天皇賞・秋(東京・芝2000m)を制覇した。

 5歳となった翌年も、牡馬相手にGIジャパンC(東京・芝2400m)で勝利。通算6つ目のGIタイトルをモノにした。ほか、敗れたレースでも、2、3着がほとんどで、常に安定した強さを誇った史上屈指の名牝である。

 その母に、今年から産駒がデビューするモーリスを父に迎えて生まれたのが、ブエナベントゥーラ。父もGI6勝の名馬であり、同馬に注目が集まるのは当然のことと言える。

 デビューを間近に控え、管理するスタッフはどんな感触を抱いているのだろうか。関東競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「ブエナベントゥーラは、490㎏ほどの馬体で、ここまで順調に調整されてきたようです。相手関係にもよると思いますが、スタッフは『デビュー戦から勝ち負けできる』と話しています。同じ厩舎のサリオスと比較するのはまだ早そうですが、仕上がりはよく、この時期の2歳馬としては『素直にいい馬』とのことです」

 昨年のサリオスと同じく、初陣ではダミアン・レーン騎手が手綱を取る。そういう意味でも、楽しみは膨らむ。

 なお、気性や血統面については、先述のトラックマンが次のように語る。

2 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る