2020.05.31

名牝ブエナビスタが母のブエナベントゥーラ。
デビュー戦での勝算は?

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

厳選!2歳馬情報局(2020年版)
第1回:ブエナベントゥーラ

「競馬の祭典」GI日本ダービーが終わると、来年のクラシックに向けた戦いが早くもスタート。来週から、2歳新馬戦が始まる。

 近年は、注目の素質馬が早々にデビューする傾向が強まっていて、開幕週に初陣を飾った面々の活躍も目立っている。一昨年はグランアレグリアが、昨年はサリオスが開幕週にデビュー。前者は、のちにGI桜花賞(阪神・芝1600m)を制し、後者はのちにGI朝日杯フューチュリティS(阪神・芝1600m)で戴冠を果たした。

 そして今年も、話題の1頭が開幕週の2歳新馬(6月6日/東京・芝1600m)でデビューする予定だ。美浦トレセンの堀宣行厩舎に所属するブエナベントゥーラ(牡2歳/父モーリス)である。

名牝ブエナビスタの子、ブエナベントゥーラ 母は、言わずと知れた名牝のブエナビスタである。2008年10月にデビューした彼女は、2戦目で初勝利を挙げると、すかさずGI阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神・芝1600m)に挑戦。難なく初タイトルを手にした。

 3歳となって、クラシックの前哨戦となるGIIIチューリップ賞(阪神・芝1600m)も快勝。そのまま、桜花賞、GIオークス(東京・芝2400m)と春の二冠制覇を達成した。