2020.03.26

グランアレグリアが高松宮記念で
ディープ産駒のジンクスを吹き飛ばす

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 3月29日、中京競馬場でGⅠ高松宮記念(芝1200m)が行なわれる。

 今年は、昨年のGⅠ桜花賞(阪神/芝1600m)勝ち馬グランアレグリア、昨年のGⅠスプリンターズS(中山/芝1200m)勝ち馬タワーオブロンドン、GⅠ安田記念(東京/芝1600m)、GⅠフェブラリーS(東京/ダート1600m)勝ち馬モズアスコット、GⅠヴィクトリアマイル(東京/芝1600m)勝ち馬ノームコア、GⅠマイルチャンピオンシップ(京都/芝1600m)勝ち馬ステルヴィオ、2017年のこのレースの勝ち馬セイウンコウセイと、6頭のGⅠ馬が揃いそうだ。

 筆者はこの中から、グランアレグリア(牝4歳/美浦・藤沢和雄厩舎)を推したい。昨年の桜花賞は4角先頭から押し切る"横綱相撲"で、2着に2馬身半差をつける1分32秒7のレースレコードで制した。

前走の阪神Cをレースレコードで制したグランアレグリア さらにこの馬の評価を高めたのは、前走のGⅡ阪神C(阪神/芝1400m)だ。約6カ月半ぶり、古牡馬との初対戦、初の1400mと不安要素もあったこのレース。いつもよりやや後ろの8番手追走から、直線では内目を突いてあっという間に抜け出すと、最後は手綱を緩めながら後続に5馬身差をつける大楽勝だった。勝ちタイムの1分19秒4はレースレコードで、コースレコードに0秒1差、日本レコードに0秒4差の好タイムだった。