2020.03.25

高松宮記念、ダノンスマッシュは
3度目の正直になるか

  • 新山藍朗●文 text by Niiyama Airo
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

「平均点の高い馬」

 GI高松宮記念(3月29日/中京・芝1200m)における有力馬の一頭、ダノスマッシュ(牡5歳)について、関西の競馬専門紙記者はそう評した。

 なるほど、言い得て妙である。

 スピード、瞬発力、それに精神面も含めて、A級馬としての優れたものは備えている。ここまで重賞4勝と結果を残しているのも、その優れた能力ゆえだろう。

悲願のGI制覇を狙うダノンスマッシュ だが、それほどの能力を持ちながら、GIでは結果を出せていない。この馬が最も得意とするスプリントGIでも、だ。

 昨年の高松宮記念と、GIスプリンターズS(中山・芝1200m)で、ダノンスマッシュは、いずれも単勝2倍台の1番人気に支持された。しかしながら、高松宮記念は4着、スプリンターズSは3着と、期待に応えられなかった。

 高松宮記念では、最後の直線で、一瞬「伸びるか」と思わせながら、結局伸び切れずに屈した。スプリンターズSでは、最後にものすごい勢いで伸びてきたが、すでに勝負が決したあとだった。

 GIIIでは鮮やかな勝利を飾るのに、GIではその"鮮やかさ"が影を潜め、逆に"もどかしさ"が目立ってしまう。