2020.03.21

スプリングSは伏兵4頭にご用心。
3歳重賞は1番人気が未勝利で波乱再び

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 GI皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)のプレップレースとなるGIIスプリングS(中山・芝1800m)が3月22日に行なわれる。

 このレースの過去の勝ち馬を見てみると、2011年のオルフェーヴル(※この年は阪神開催)を筆頭に、2013年のロゴタイプ、2015年のキタサンブラック、2017年のウインブライト、2018年のステルヴィオなど、のちにGIで戴冠を遂げる、そうそうたる顔ぶれが並ぶ。そして、1番人気は過去10年で、3勝、2着4回、3着2回、着外1回と、まずまずの戦績を残している。

 翻(ひるがえ)って、過去10年で5番人気以上が3勝。6番人気以上の伏兵が馬券圏内(3着以内)に絡んだ年が7回あって、3連単では昨年の23万5870円をはじめ、好配当がしばしば生まれている。

 はたして、今年はどうか。デイリー馬三郎の木村拓人記者はこう語る。

「今年は10頭立ての少頭数なので、大波乱という結果は考えづらいですが、かといって、人気上位の馬がすべて、全幅の信頼がおけるのかというと、そうとも言えないですね。

 GIホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)2着のヴェルトライゼンデ(牡3歳)は、今回のメンバー構成であれば、大崩れしにくいと思いますが、決して圧倒的な存在ではありません。取りこぼしもあり得ます。

 オープン特別のジュニアC(1月6日/中山・芝1600m)を快勝したサクセッション(牡3歳)も、完成度の違いで、ここも難なくクリアしてもおかしくありませんが、動きからは短い距離のほうがよさそう。考え方によっては、むしろ危険な人気馬と言えるかもしれません」