2019.09.21

「2強」断然の神戸新聞杯。
一角崩しの期待は先行する上がり馬2頭

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 その後、徐々に距離を延ばしていって2連勝と、波に乗ってきました。相手なりで、真面目に走っていない面もありますが、先行して持ち味を生かせれば、"2強"の一角崩しの期待は十分に見込めると思いますよ」

 この他、坂本記者がもう1頭、推奨馬を挙げる。

シフルマン(牡3歳)です。ユニコーンライオンと同じく、500万下(現1勝クラス)、2勝クラスと連勝してきた上がり馬。こちらも先行タイプで、父ハービンジャーと血統的な魅力もあります。クラシックディスタンス(2400m戦)が得意な血統で、距離適性は折り紙つきです。

 さらに、母父サンデーサイレンス。祖母は秋華賞馬で、ジャパンC2着のファビラスラフインと、母系も優秀です。2週前、1週前の調教でも、栗東のCWコースで長めからしっかりと追われて、仕上がりも上々。伏兵の資格は十分かと思います」

 先行する穴候補2頭は、「2強」をどれだけ翻弄できるのか。どちらかでも一角崩しを果たせば、オイシイ馬券がゲットできるかもしれない。