2019.03.09

金鯱賞、ダノン推しの元ダービー
ジョッキーが妙に気にする、もう1頭


勝ち星からは遠ざかっているものの、安定感のあるアルアイン 一昨年の皐月賞馬ですが、それ以降、2年近く勝ち星がなく、勝ち味に遅いイメージが膨らんでいて、ここでは人気を落としそうです。ただ、勝ってはいませんが、掲示板を外したのは極悪馬場だったGI菊花賞(7着。京都・芝3000m)だけ。高いレベルで、常に安定した走りを見せています。

 昨秋も、GIIオールカマー(2着。9月23日/中山・芝2200m)、GI天皇賞・秋(4着。10月28日/東京・芝2000m)、そしてGIマイルCS(3着。11月18日/京都・芝1600m)と未勝利ですが、いずれも好メンバー相手に奮闘しました。とりわけ、天皇賞・秋は今回と同じ左回り。その大舞台での好走は自信になったでしょうし、今回につながると思います。

 マイルCS以来の休み明けですが、昨春も休養明け初戦のGII京都記念(2月11日/京都・芝2200m)でレイデオロに先着する2着。およそ5カ月の休み明けとなった昨秋のオールカマーでも、勝ったレイデオロに肉薄する2着と健闘し、休養明けでもきっちり走れるタイプですから、心配はないでしょう。

 鞍上は、オールカマーでも手綱を取った北村友一騎手。最近の活躍が目覚ましい注目ジョッキーです。この春はGI戦線でも有力馬に騎乗する機会が多くなるようで、大ブレイクする可能性は大いにありそうです。

 そんな勢いのあるジョッキーゆえ、ここでも注目です。どんなレースを見せてくれるのか、楽しみですね。

大西直宏のオフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

◆フィリーズレビュー「本命崩しの3頭」に、ウンとうなずく根拠あり!>>

◆GI回避がプラスに。アウィルアウェイがパワーアップして復活!>>