2019.03.08

フィリーズレビュー「本命崩しの3頭」に、
ウンとうなずく根拠あり!

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 GI桜花賞(4月7日/阪神・芝1600m)のトライアルとなるGIIフィリーズレビュー(阪神・芝1400m)が3月10日に行なわれる。

 まだまだ成長過程にある若き乙女たちによる”桜”の権利(3着以内)獲りをかけた真剣勝負。それゆえ、当日の調子やレースの展開など、ちょっとしたことが勝敗の行方を左右する。

 実際、過去の結果を振り返ってみると、波乱の傾向が見て取れる。過去10年の勝ち馬を見ても、1番人気はわずか2勝。8番人気が2勝、6番人気と9番人気が1勝ずつと、伏兵がたびたび金星を挙げているのだ。

 今年はアウィルアウェイ(牝3歳)が抜けた1番人気となりそうだが、こうした傾向を鑑(かんが)みれば、決してひと筋縄では収まりそうもない。まして、ここまでに行なわれた3歳クラシックの前哨戦やトライアル戦が波乱に満ちていることを考えれば、なおさらである。

 そこで、過去10年の結果を参考にして、今年のレースで激走しそうな”穴馬”を探し出してみたい。

 最初のヒントになるのは、オープンクラスでの勝ち星がある馬だ。

 2012年に8番人気で2着となったビウイッチアスはカンナS(中山・芝1200m)、2014年に6番人気で3着となったエスメラルディーナはジュニアC(中山・芝1600m)と、いずれもそれ以前にオープンレースで勝利を飾っていた。

 にもかかわらず、それぞれ人気薄にとどまったのは、他の良血馬や素質馬に人気を譲った格好だろう。加えて、ビウイッチアスはカンナSを勝ったあとは善戦止まりで勝ち切れなかったこと、エスメラルディーナはフィリーズレビューがデビュー3戦目とキャリアが浅かったことがマイナス要因となって、軽視されてしまったのかもしれない。

 ともあれ、この時期にオープンクラスを勝っていれば、実績上位。2頭ともその力をトライアル戦できっちり示したのだ。