2019.01.20

ボッケリーニは兄ラブリーデイと激似。
調教も順調で「将来性がある」

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by AFLO

厳選!新馬情報局(2019年版)
第34回:ボッケリーニ

 年明け恒例の重賞と言えば、中央競馬の幕開けを告げる東西の『金杯』。2015年、その金杯を制してから一気にスターダムへとのし上がり、同年にGIを2勝した馬がいる。

 ラブリーデイ(牡/父キングカメハメハ)である。

ボッケリーニの兄は、5歳になって飛躍したラブリーデイ ラブリーデイは2歳時、デビュー戦、オープン特別と連勝。3歳時には春のクラシック(皐月賞=15着、ダービー=7着)に参戦し、年末のGI有馬記念(12着)にも出走している。古馬となった4歳時も、重賞勝ちはならなかったものの、オープン特別では勝利を飾り、重賞戦線では掲示板(5着以内)に載るか載らないかの善戦を繰り返していた。

 しかし、あくまでも重賞を賑わす1頭という存在であり、GIで有力視されることはなかった。それが、5歳になってGIII中山金杯(中山・芝2000m)で初の重賞制覇を果たすと、激変したのである。

 続くGII京都記念(京都・芝2200m)を勝って連勝を決めたあと、GII阪神大賞典(阪神・芝3000m)とGI天皇賞・春(京都・芝3200m)こそ、長丁場のレースで屈したものの、適距離に戻ったGIII鳴尾記念(阪神・芝2000m)を完勝。そこから、快進撃がスタートした。

 直後のGI宝塚記念(阪神・芝2200m)を勝って、初のGIタイトルを奪取すると、秋になっても、休み明け初戦のGII京都大賞典(京都・芝2400m)を快勝。GI天皇賞・秋(東京・芝2000m)では、並み居る強豪を抑えて1番人気に支持され、その人気に応えて見事に2度目の勲章を手にしたのだ。