2018.11.15

マイルCSでは、直前の重賞勝ち馬と
4番人気の馬が幸運を運んでくる

  • text by Sportiva
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 秋の「マイル王決定戦」となるGIマイルCS(11月18日/京都・芝1600m)は、GI馬7頭に、重賞勝ち馬も多数参戦し、豪華な顔ぶれがそろった。頂点を狙える実力馬が何頭もいるうえ、一発の可能性を秘めた伏兵馬も数多くいて、かなり熾烈な戦いが予想される。

 そのなかで前評判が高いのは、春のGI安田記念(6月3日/東京・芝1600m)を制したモズアスコット(牡4歳)、昨年の覇者ペルシアンナイト(牡4歳)、そして安田記念の2着馬で、GII毎日王冠(10月7日/東京・芝1800m)を快勝して臨むアエロリット(牝4歳)。

 3頭はそれぞれ、全国リーディング1位を快走するクリストフ・ルメール騎手、同2位のミルコ・デムーロ騎手、そして世界的な名手のライアン・ムーア騎手と、実績も実力も申し分ない外国人騎手とコンビを組む予定で、馬券的な人気も相当集めそうだ。

 しかしながら、3頭の実力はそこまで抜けているのだろうか。人気や評価については、あくまでも”鞍上込み”でのものだろう。実力や実績はもちろん、最近の勢いなども含めて、これら3頭にヒケを取らない馬は他にもたくさんいる。

 であれば、馬券的な妙味があるのは、そういった馬たちだ。そこで、過去10年の結果を参考にして、過小評価されそうな”オイシイ実力馬”を探し出してみたい。

 過去の結果を見てみると、たびたび穴を開けているパターンがあることがわかる。直前の重賞を勝っていながら、伏兵扱いにとどまった馬たちの激走だ。

 2008年に4番人気で勝ったブルーメンブラットや、2011年に5番人気で戴冠を遂げたエイシンアポロンがいい例。前者は前走でGIII府中牝馬S(東京・芝1800m)を、後者は前走でGIII富士S(東京・芝1600m)を快勝していながら、上位人気を争うことはなかった。