2018.10.05

毎日王冠でGI馬は消し。
穴党記者が陣営の熱気を察知した3頭が怖い

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 関東では中山から東京へと舞台を移して、いよいよ秋競馬本番モードへ突入。そして今週、秋のGIシリーズの合間を縫って行なわれるのは伝統の重賞、GII毎日王冠(10月7日/東京・芝1800m)だ。

 過去には、数々の名勝負が繰り広げられ、ここをステップにして、のちに名馬へと上り詰めた馬が数多くいる注目の一戦。この秋の古馬GI戦線の行方を占ううえでも、見逃せない重要なレースとなる。

 その大事な一戦を前にして、スポーツ報知の坂本達洋記者はこう語る。

「例年、有力馬の多くが秋の始動戦として臨んでくるため、好メンバーが集結することが多いです。今年も3頭のGI馬が参戦。面白い顔ぶれがそろったと思います。

 ただ、このレースの難しいところは、マイル路線と中距離路線の、両方のメンバーが集まってくる点です」

 坂本記者が言うとおり、GI馬3頭の内訳を見ても、アエロリット(牝4歳)とケイアイノーテック(牡3歳)はマイルGIの勝ち馬で、キセキ(牡4歳)は昨年のGI菊花賞(京都・芝3000m)の覇者と、それぞれの適性は大きく異なる。このあとに向かう大舞台も各々違うため、確かに実力比較は難しく、悩ましいレースと言える。

 こうした出走馬の距離適性の多彩さを踏まえて、デイリー馬三郎の吉田順一記者は、開幕週の馬場の特徴からレースの傾向を導き出し、こんな見解を示す。

「エアレーションやシャダリングの効果によって、開幕週でも時計のかかる馬場に仕上がる時期もありましたが、今や馬場造園課の技術が上がって、どの競馬場も水はけがよくなっています。そのため、馬場硬化は否めず、最近はどの競馬場でも開幕週には開幕週らしい速い時計が出て、上がりの速い競馬が多いですね。