2018.06.16

函館スプリントSは「前年比で
人気急落」のあの馬がオーッと言わせる

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 今週からは北海道シリーズが開幕。今年も、早くも”夏競馬”の雰囲気になってきましたね。

 競馬関係者にとって、この北海道シリーズというのは、実は意外と重要な開催なのです。「馬産地である北海道の開催だから」という側面もありますが、第一には気候が涼しいゆえ、強い馬を連れていきやすい、という点が挙げられます。

 これは昔からのことで、夏の福島、新潟、そして小倉よりも、北海道の函館、札幌のほうがひとクラス上の馬がそろいます。そのため、例えば函館の500万条件を勝てるような馬は、新潟や小倉の1000万条件でも勝ち負けできることが多いです。

 というわけで、こと”馬券”という意味では、のちにいい馬券になる馬が北海道シリーズに潜んでいることが多いため、注目する価値は大いにあると思います。

 また、レベルが高い馬がそろうということは、乗る側の騎手も必然的にトップジョッキーが集結し、さらには各厩舎の厩務員や助手も腕のいい人が集まります。それが、東西からやってくるわけですからね、ある意味、年間で最も”ホットな開催”と言ってもいいでしょう。

 ここから約2カ月半、北海道シリーズだけでも十分に楽しめると思います。ぜひとも、開幕週から白熱したレースを存分に堪能していただきたいですね。

 そのシリーズ開幕週の重賞は、函館スプリントS(6月17日/函館・芝1200m)です。

 例年、斤量差で有利な3歳馬の活躍が目立ちますが、今年はその3歳馬の参戦がありません。その分、戦前のムードは、GI高松宮記念(3月25日/中京・芝1200m)の敗戦組による”リベンジ戦”といった様相を呈しています。

 そうなると、最も有力視されるのは、出走メンバーの中で最先着したナックビーナス(牝5歳)となります。

 高松宮記念では、中団で流れに乗って、直線を迎えると一気に抜け出しそうな手応えがありましたが、最後は底力なのか、決め手なのか、わずかに足りず、勝ち馬からハナ+2分の1馬身差の3着に敗れました。それでも、この馬自身の地力強化は十分にうかがえました。

 そもそも、福島や中山、そして内回りの京都でも勝っているように、小回りコースを得意としている馬。加えて、今回は初の函館コースとなりますが、同じ洋芝の札幌で行なわれたキーンランドC(芝1200m)でも3着と好走していますから、北の地の競馬も合っていると思います。