2018.06.15

万馬券100%の函館スプリントS。
この4頭で月収レベルは稼ごうか

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 北海道シリーズがいよいよ開幕する。

 その開幕週に行なわれる重賞は、GIII函館スプリントS(6月17日/函館・芝1200m)。開催時期は何度か変更されているが、6月中旬に開催されるようになった2012年以降、全6回の3連単はすべて5万円超えの万馬券となっている。そのうち4回は、10万円超え(平均約60万円)の高配当をつけており、まさに”夏のボーナスレース”と言える。

 その大きな理由は、毎年GI馬やGIで好走実績のある馬が参戦しているが、そのほとんどが人気を得ながら馬群に沈んできたからだ。

 また、ここ最近はタイムが速い傾向にある。昨年は、勝ちタイムがついに1分6秒台に突入。洋芝の函館では時計がかかりやすいイメージがあるが、決してそうとは言えないようだ。その点については、日刊スポーツの木南友輔記者がこんな情報を教えてくれた。

「函館の開幕週は、とにかくレコードが連発します。そこで昨年、日曜日の最終レース終了後にJRAの馬場造園課を取材したのですが、関係者からも戸惑いの声が上がっていました。JRAとしても、高速馬場を望んでいるわけではなく、『(競走馬が)走りやすい馬場を追求した結果が、今の馬場』と話していました。そのスタンスがこの1年で大きく変わるとは思えないですから、今年の函館開幕週も、ある程度は速い馬場になると見ています」

 そうは言っても、実はその高速馬場における適性の見極めが非常に難しい。洋芝=パワー型向き、という要素がまったくないわけではないからだ。単に「東京や京都などの高速馬場に強い」というだけでは、最後にパワー負けしてしまうのである。それが、波乱の要因のひとつにもなっている。