2018.05.16

オールフォーラヴは、オークスで
「打倒アーモンドアイ」をなせる器か

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 3歳牝馬クラシック第2弾のオークス(東京・芝2400m)が5月20日に行なわれる。

 前評判では、クラシック第1弾の桜花賞(4月8日/阪神・芝1600m)を制したアーモンドアイと、同レースで2着に屈したものの、巻き返しが期待される2歳女王ラッキーライラックの「2強」と見られている。

 桜花賞までは他馬を圧倒していたラッキーライラック。それを、桜花賞で一蹴したアーモンドアイ。確かに2頭は抜けた存在で、すでにこれらと対戦済みのメンバーは、おおよそ「勝負づけは済んでいる」と認識されるのも仕方がない。

 そうなると、逆転が期待されるのは「2強」と対戦していない馬たち。その未知なる能力に、大きな希望を抱いている”穴党”は少なくないはずだ。

「2強」と未対戦の馬で、まず注目されるのは、オークストライアルを勝ち上がった面々だろう。フローラS(4月22日/東京・芝2000m)を快勝したサトノワルキューレと、スイートピーS(4月29日/東京・芝1800m)を勝ったランドネである。

 しかしながら、両レースの勝ち馬によるオークスでの戦績は芳しくない。過去20年の結果をみると、フローラSの勝ち馬は20頭が出走して、1勝、2着3回、3着3回、着外13回。スイートピーSの勝ち馬は18頭が出走して、1勝、2着0回、3着0回、着外17回と、勢いに乗ってオークスで大逆転、というイメージが大きく膨らむほどの成績ではない。

 翻(ひるがえ)って、桜花賞当日に行なわれる忘れな草賞(4月8日/阪神・芝2000m)の勝ち馬には、「2強」の逆転候補として心を惹かれるものがある。過去20年で19頭がオークスに駒を進めて、3勝、2着0回、3着1回、着外15回と、3度も戴冠を果たしているからだ。