2018.04.22

大物オブセッションは「広いコースが
好き」。ダービーで真価を発揮か

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Sports Nippon/Getty Images

 スタッフに限らず、ルメール騎手もオブセッションに対する期待は大きいという。それは、同騎手の動向からもうかがえる。先述のトラックマンがその事情を明かす。

「ルメール騎手は、皐月賞で4着となって、すでにダービー出走を決めているステルヴィオともコンビを組んでいます。しかしながら、ダービーで同馬の鞍上を務める騎手はまだ発表されていません。

 ルメール騎手はオブセッションの能力を相当高く買っているので、もしかすると、この馬でダービーに参戦するケースも考えているかもしれませんね」

 ダービー出走のためには、まずは青葉賞で出走権(2着以内)を得ることが絶対条件となるが、そこで圧倒的なレースぶりを見せれば、トップジョッキーとのコンビで本番に向かう可能性は大いにあるだろう。

 弥生賞での挫折を経て、再びクラシックを目指すオブセッション。世代の頂点を決めるひのき舞台へ向けて、そのポテンシャルを今度こそ存分に発揮できるのか。改めて、この馬の走りに注目したい。

◆マイラーズCで「GI6連戦の資金をくれる親切な2頭」が見つかった>>

◆フローラSから「オークスでアッと言わせる馬」はいるか、いないか>>