2018.04.06

桜花賞1強は危険なサイン。
「女王にクーデターを企む3頭」に要注意

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 3歳牝馬の若き乙女たちが覇権を争うGI桜花賞(4月8日/阪神・芝1600m)。今年、不動の本命馬と目されているのは、ラッキーライラックだ。

 デビュー以来、負け知らずの4戦全勝。昨年末のGI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月10日/阪神・芝1600m)を制して2歳女王となると、今年初戦のGIIチューリップ賞(3月3日/阪神・芝1600m)もライバルたちを難なく蹴散らして完勝した。

 桜花賞での単勝オッズは1倍台が予想され、「1強」ムードは日に日に高まっている。

 実はこの桜花賞、ここ最近は「1強」といった前評判でのレースが続いている。2014年のハープスター(単勝1.2倍)に始まって、2015年のルージュバック(単勝1.6倍)、2016年のメジャーエンブレム(単勝1.5倍)、そして昨年のソウルスターリング(単勝1.4倍)と、断然の人気馬が4年連続で存在していたのだ。

 しかし「1強」の評価で、実際に結果を出したのはハープスターのみ。以降、ルージュバック(9着)、メジャーエンブレム(4着)、ソウルスターリング(3着)と、断然の人気馬が期待を裏切り続けている。

 もはや「1強」と称されるような馬にとって、桜花賞は”鬼門”。つまり、同様の評価を受けているラッキーライラックは、まさしく”危険な人気馬”ということになる。

 そこで、今年も”1強崩壊”のジンクスは継続されると踏んで、過去3年の結果を参考にして、前評判を覆(くつがえ)す伏兵馬を探してみたい。

 過去3年、「1強」に代わって上位に入線した馬の臨戦過程を見てみると、多くが阪神JFかチューリップ賞、またはその両方に出走していた。