2018.03.11

タイムフライヤーは、もうGI馬なのに
「よくなるのはダービーの頃」

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

「陣営のスタッフに聞いてみると、『(弥生賞に行かなかった理由は)ホープフルSで皐月賞(4月15日)と同じ中山の舞台をすでに経験し、しかも勝っているから』と話していました。さらに、『(クリストフ・)ルメール騎手が乗れるレースを優先した』とのことです。

 陣営としては、すべて青写真どおりです。2度負けているのも、『展開のアヤが大きい』とスタッフ。クラシック獲りへの本気度は相当なものです」

 3戦目の萩Sから手綱を取り続けてきたクリスチャン・デムーロ騎手は、短期免許期間ではないため、今回は騎乗できない。そこで、クラシック本番に備えて、トップジョッキーのルメール騎手をここで確保しておきたかったのだろう。

 用意周到、準備は万全である。新GIの覇者タイムフライヤーは、この春さらにGIの勲章を増やしていくのか。強豪ライバルたちとの激突が待ち遠しい。

◆シャチホコも驚く金鯱賞の穴馬2頭。「波乱の昨年」にソックリだがや>>

◆フィリーズレビュー「本番よりココ狙いの3頭」を穴党記者があぶり出す>>

◆大物たちが復帰の金鯱賞で、あえて「元No.1」ブレスジャーニーを選ぶ>>