2018.02.01

桜花賞へ向けオルフェ産駒の評価が激変。
3歳牝馬「最新ランキング」

  • text by Sportiva
  • photo by Kyodo News

2018年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牝馬編:第2弾)

 オルフェーヴル産駒の重賞馬2頭が有力視された昨年末のGI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月10日/阪神・芝1600m)は、その1頭である2番人気のラッキーライラックが優勝。3戦無敗で2歳女王の座に就いた。

 1番人気に推されたもう1頭、ロックディスタウンは好位からレースを進めるも、直線で伸びを欠いて9着と完敗。注目の対決は、明暗が大きく分かれる結果となった。

阪神JFで鮮やかな勝利を飾ったラッキーライラック(左)

 さらに、年明けも3歳牝馬戦線の勢力図は目まぐるしい変化を見せている。パソコン競馬ライターの市丸博司氏が語る。

「牝馬のクラシック路線は、阪神JFで一気に勢力図が変わって、年明けのフェアリーS(1月7日/中山・芝1600m)でプリモシーン(父ディープインパクト)が勝ったところで、おおよその大勢は確定したかのように見えました。ところが翌日、1月8日のシンザン記念(京都・芝1600m)で、なんと牝馬がワンツーフィニッシュ。牝馬戦線はここに来てもなお、大きな変革の波が押し寄せてきていて、まだまだ予断を許さない状況にあります」

 そうした状況の中、来週にはクラシックへの関連性が強いクイーンC(2月12日/東京・芝1600m)が開催される。そこでもまた、新たな有力馬の台頭があるのか、非常に気になるところだ。

 ともあれ、クラシック初戦の桜花賞(4月8日/阪神・芝1600m)に向けて、ここまでの結果を反映した現時点での3歳牝馬の『Sportivaオリジナル番付()』を発表したい。阪神JFを含めた昨秋以降の結果を受けて、前回のランキングからは大きく変動している。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、今春のクラシックを目指す3歳牝馬の、現時点における実力・能力を分析しランキング付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。