2017.12.26

GIホープフルSの勝ち馬を血統で知る。
ここで負けたら年は越せない

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki  photo by Yamane Eiichi/AFLO

 GI有馬記念は終わったが、今年から12月28日にも中央競馬は開催される。同日に行なわれるのが新設の2歳GI・ホープフルS(中山・芝2000m)だ。

 これまで、2歳のGIは牡牝混合の朝日杯フューチュリティS(阪神・芝1600m)と牝馬限定の阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神・芝1600m)の2レースのみだったが、今年からこれが3レース目となる。

 GII時代の昨年の勝ち馬レイデオロは今年のGI日本ダービー(東京・芝2400m)を勝っているし、3歳クラシックレースの第1弾・GI皐月賞(中山・芝2000m)と同じ条件でもある。GI昇格により、ますますクラシックにつながるレースとなりそうで、要注目だ。

デイリー杯2歳Sを勝って、2戦2勝のジャンダルム
 今年の出走馬で唯一の重賞勝ち馬がGIIデイリー杯2歳S(11月11日/京都・芝1600m)を勝ったジャンダルム(牡2歳・池江泰寿厩舎)。母ビリーヴはGIスプリンターズS(新潟・芝1200m)、GI高松宮記念(中京・芝1200m)を勝った馬だ。

 兄ファリダットはGI安田記念(東京・芝1600m)3着、姉フィドゥーシアはGIIIアイビスサマーダッシュ(新潟・芝1000m)2着と、母のみならず兄姉はスピードタイプが多い。母系の血統から2000mの距離は不安視されるかもしれないが、父キトゥンズジョイの産駒はアメリカで中距離タイプの馬を多く出しており、評価を下げてしまうのは早計だろう。