2017.12.20

有馬記念が有終の「キタサンブラック祭り」
になる、これだけの根拠

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

 現にジャパンカップ後の調整は、従来の”必勝パターン”で行なわれているという。

「今回は、レースから2週後の週末から調教を開始。3~4本の追い切りで挑む、中3週での”黄金のルーティン”を実践しています。ラストランに向けて、清水久詞調教師も『悔いのない仕上げをする』と公言。今年の天皇賞・春を制したときと同様、坂路は微調整でしか使わず、ウッドチップコースで豊富な運動量を施して馬体をシャープに作っています。

 これこそが、長丁場でのスピード勝負に対応する仕上げと言っていいでしょう。1週前の時点で、余分な筋肉がついていないスカッとしたシルエットを見せており、今季一番の状態で出走できることは疑いありません」

 ここ数年にわたって、日本競馬界を牽引してきたキタサンブラック。『今年の漢字』である「北(キタ)」の選定の一因にもなった。最後に自ら盛大な”祭り”を祝って、スタンドを埋め尽くすファンから大喝采を浴びる姿を見届けたい。

◆手前を替えろ、スワーヴリチャード! そうすれば有馬記念で古馬に勝てる>>

◆シュヴァルグラン&ボウマン&大魔神は、有馬記念でもキタサンに勝てるか>>

■競馬 記事一覧>>