2017.12.18

シュヴァルグラン&ボウマン&大魔神は
有馬記念もキタサンを倒せるか

  • 平出貴昭(サラブレッド血統センター)●文 text by Hiraide Takaaki photo by Nakahara Yoshifumi /AFLO

 今週末12月24日、中山競馬場ではGI有馬記念(芝2500m)が行なわれる。今年は28日にGIホープフルSもあるが、1年を締めくくる大一番としてお馴染みのレースだ。

 今年は昨年の年度代表馬キタサンブラック(牡5歳・清水久詞厩舎)の引退レースというのが大きな話題となっているが、他にも魅力的な馬が揃っている。その中から今回はシュヴァルグラン(牡5歳・友道康夫厩舎)にスポットを当ててみよう。

シュヴァルグランはジャパンC勝利の勢いで、有馬記念も制するか シュヴァルグランは2歳時の2014年からGIII京都2歳Sで3着になるなど、重賞でも上位に入っていたが、頭角を現しはじめたのは3歳の秋だ。500万下(阪神・芝2400m)から1000万下(京都・芝2400m)、オリオンS(阪神・芝2400m)と3連勝。4歳を迎えてGII日経新春杯(京都・芝2400m)2着を経て、GII阪神大賞典(阪神・芝3000m)で重賞初制覇を果たす。

 秋にもGIIアルゼンチン共和国杯(東京・芝2500m)を制したが、GIでは昨年の天皇賞・春(京都・芝3200m)3着、ジャパンC(東京・芝2400m)3着、今年の天皇賞・春(4月30日)が2着と、勝ち切れないレースが続いた。