2017.12.14

これはすごい状況! 今年は逸材ぞろいの
2歳牡馬「最新ランキング」

  • text by Sportiva
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

「不作」と言われた昨年と打って変わって、関係者の間では「今年の2歳牡馬は逸材が多い」という評判だ。パソコン競馬ライターの市丸博司氏も、2歳牡馬のレベルの高さに舌を巻く。

「現状では、セックスアローワンス(※性別による負担重量差)を加味していないとはいえ、牝馬のトップより高いTF指数(※市丸氏が独自で編み出したデータ指数)をマークしている牡馬が22頭もいます。これはすごい状況で、今年の2歳牡馬はかなりレベルが高いと言えます」

3戦無敗で重賞の東スポ杯2歳Sも制したワグネリアン そうなると、今週末の朝日杯フューチュリティS(12月17日/阪神・芝1600m)、年末のホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)と、ふたつの2歳GIもハイレベルな戦いが期待できそうだ。

 そんな大一番を前にして、現時点における2歳牡馬『Sportivaオリジナル番付()』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、来春のクラシックを目指す2歳牡馬の、現時点における実力・能力を分析しランキング付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。注:あくまでも来春のクラシックの有力馬を占うもので、朝日杯FSの予想ではありません。