2017.12.15

朝日杯FS「過去3年の超穴馬」と
同じパターンの3頭が発見された!

  • text by Sportiva
  • photo by Sports Nippon/Getty Images

 2歳馬によるGI朝日杯フューチュリティS(阪神・芝1600m)が12月17日に行なわれる。

 GIIIサウジアラビアロイヤルC(10月7日/東京・芝1600m)を快勝したダノンプレミアムに、同2着のステルヴィオ、GII京王杯2歳S(11月4日/東京・芝1400m)を完勝したタワーオブロンドンら、オープン特別や重賞勝ち馬で底を見せていない面々が人気の中心になりそうだ。実際、いまだ成長途上にある2歳馬の戦いでありながら、これら実績馬を管理する陣営からは磐石ムードが漂っている。

 とはいえ、まだまだ不安定な2歳馬。レースになればまぎれも多く、予断を許さない。現に、朝日杯FSは比較的荒れるレースとして知られている。とりわけ、阪神競馬場に舞台を移してからは波乱が続いている。2014年からの過去3回、必ず10番人気以下の伏兵が3着以内に突っ込んできているのだ。

 阪神開催初年度となった2014年は、14番人気のアルマワイオリが2着と好走。2015年は11番人気のシャドウアプローチが3着、2016年には12番人気のボンセルヴィーソが3着と奮闘して波乱を起こしている。

 3連単の配当を見ても、2014年は13万3570円という高配当を記録。2015年も1着、2着は人気馬で決着するも、3万8560円をつけた。そして2016年は、6番人気のサトノアレスが1着、7番人気のモンドキャンノが2着に入って、配当は20万超えとなった。

 過去にこれだけ伏兵馬が台頭していることを考えれば、今年もそれに倣って穴狙いに徹するべきだろう。そこで、先述した過去3年の”超穴馬”を参考にして、今年、その再現を匂わせる馬を探し出してみたい。