2017.11.03

「みやこS」は穴党記者3人が
必死で見つけた6頭でGI資金を補充せよ

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 三浦晃一●撮影 photo by Miura Koichi

 ダートのGIチャンピオンズC(12月3日/中京・ダート1800m)の前哨戦となる、GIIIみやこS(京都・ダート1800m)が11月5日に行なわれる。

 ちょうど同じ週に地方交流重賞のJBCクラシック(11月3日/大井・ダート2000m)が開催されるため、一線級の馬たちはそちらに回って不在となるが、それに続く重賞勝ち馬や、夏の上がり馬がこちらに参戦。この先の大舞台へ向けて見逃せない一戦となる。

「力のある馬や(重賞で)上位の計算が立つような馬はJBCに向かうので、ここに出てくる5歳以上の馬は、多少実績があっても疑問符がつく馬が多いんですよね。そういった意味から、4歳以下の馬を狙うようにしていますが……」

 スポーツニッポンの小田哲也記者は、みやこSの予想スタンスについてそう語る。が、いささか歯切れが悪い。

「そのスタンスでいくと、(狙い目は)1番人気が予想されるエピカリス(牡3歳)になってしまうからです。穴予想担当としては、不本意ですよね。でも、54kgの斤量、さらに東京でもGIII武蔵野S(11月11日/東京・ダート1600m)が近々にあるにもかかわらず、あえて関西遠征を敢行、ということを考えると、無視できないんですよ……」

 日刊スポーツの太田尚樹記者によると、データ面から見ても、エピカリスは「完全に無視することはできない」という。

「創設から過去7年の結果を振り返ってみると、前走から3カ月以上間隔が空いている馬は勝ったことがありません。それどころか、連対さえ果たしていないのですが、エピカリスは前走のGIIIレパードS(3着。8月6日/新潟・ダート1800m)からぎりぎり3カ月以内。(穴党としては)切りたくても切れないですよね」