2017.11.02

中央でも買えるダートの祭典
JBC3レースで、昼間の負けを取り返せ

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu  photo by Nikkansports/AFLO

 1日のうちにGI(JpnI)競走が3つ行なわれる「ダート競馬の祭典」JBC(Japan Breeding farms’ Cup)が11月3日(金)に大井競馬場で開催。今年は中央競馬の京都・福島開催と同日開催で、中央競馬でもネット投票のほか東京競馬場、中京競馬場などの一部事業所でのJBCの馬券発売がされることになっている。JBC3競走の発走は中央競馬のメインレース後とあって、競馬ファンにとって、この日は長い1日となりそうだ。

3連覇なるか? 昨年、一昨年もJBCレディスクラシックを制したホワイトフーガ
 最初に行なわれるのが3歳上牝馬限定のJBCレディスクラシック(ダート1800m)。前哨戦のGIIレディスプレリュード(10月5日/大井・ダート1800m)で2着以下を8馬身も千切る圧勝劇を見せたクイーンマンボが直前で回避し、そのレースで2着のホワイトフーガ(牝5歳、父クロフネ)が人気の中心となるだろう。昨年も前哨戦2着から本番では巻き返している。大井の1800mは、これまでに6戦して[2-2-2-0]という成績。連対を外したことがあるものの、それは3歳時のものと斤量57kg以上のもの。今回は55kgで不安要素はない。

 前走でホワイトフーガと僅差の3着だったアンジュデジール(牝3歳、父ディープインパクト)は、ダートに限れば5戦して[2-2-1-0]と、こちらもこれまで崩れていない。2走前のスパーキングレディC(7月6日/川崎・ダート1600m)ではホワイトフーガの凡走もあったものの、実際に下している。ホワイトフーガも3歳時に同じ舞台で戴冠を果たしただけに、斤量差が詰まる分を成長力で補えれば、世代交代もあり得る。