2017.09.16

穴党記者が腕まくりのローズS。
「今が絶好の狙い時」という馬の名は?

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 三浦晃一●撮影 photo by Miura Koichi

 3歳「牝馬三冠」の最終戦となるGI秋華賞(10月15日/京都・芝2000m)の前哨戦として、重要な位置づけとなっているGIIローズS(阪神・芝1800m)が9月17日に行なわれる。

 まれに見るハイレベルとなった今年の3歳牝馬戦線。春のGIオークス(5月21日/東京・芝2400m)の覇者ソウルスターリング(父フランケル)はGI天皇賞・秋(10月29日/東京・芝2000m)に向かうことになったが、それでも決してレベルが下がったということはない。実際、この舞台には春のクラシックを沸かせた上位陣がズラリと顔をそろえ、非常に興味深い一戦となりそうだ。

 ところが、それらの春に活躍した肝心の実績馬たちが、休養明けで調整不足の感が否めず、「万全とは言い難い状態にある」という声が聞こえてくる。

「牡馬相手のGI皐月賞(7着。4月16日/中山・芝2000m)で1番人気に支持されたファンディーナ(父ディープインパクト)は、『夏の暑さで回復に手間取ったのは確かです。ここは正直、急仕上げですから』と、管理する高野友和調教師も仕上がり途上であることを漏らしています。本調子には今一歩のようです」

 そう語るのは、中日スポーツの大野英樹記者。さらに他の有力馬についても不安要素を挙げる。

「桜花賞(4月9日/阪神・芝1600m)の勝ち馬レーヌミノル(父ダイワメジャー)は、この夏は放牧先から函館へ移動。順調に乗り込まれてきて、仕上がりは問題ありません。しかしながら、担当の中井仁調教助手は『もともと使ってよくなるタイプですからね。(このあとの)GIを考えながらの調整です』と強力にプッシュできないコメントに終始。加えて、距離への課題は残したままです」