2017.08.12

関屋記念で浮上する穴馬3頭。
キーワードは「巻き返し、3歳、頭打ち」

  • text by Sportiva
  • 三浦晃一●撮影 photo by Miura Koichi

 秋のGI戦線に名乗りをあげるべく、歴戦のマイラーたちが集う関屋記念(8月13日/新潟・芝1600m)。新潟・外回りの特徴である600m超の長い直線を使ったこのレースは、夏競馬ではお馴染みの重賞となっている。

 最大の見どころは、その長い直線で繰り広げられる熾烈な攻防。それを楽しむのはもちろんのこと、同時に”オイシイ”馬券もゲットしたい、というのが本音。そこで、過去の傾向をもとにして”真夏の一攫千金”を企ててみたい。

 ハンデ戦ではなく、また実力を出し切れるコース形態ということもあって、この時期に行なわれる他の重賞に比べると、波乱が少ない印象がある。実際、過去10年で1番人気は3勝、2着3回、3着1回と、まずますの成績を収めている。およそ7割の確率で馬券圏内に入っているのだから、ある程度の信頼は置くべきだろう。

 とはいえ、穴馬の台頭も頻繁に見られる。10年のうち8回は、馬券圏内に6番人気以下の馬が絡んでいる。その中には、12番人気で3着に飛び込んできたマイケルバローズ(2007年)、13番人気で3着となったマイネルスケルツィ(2009年)、10番人気で3着入線を果たしたリザーブカード(2010年)といった例もある。

 1番人気は比較的安定しているが、かといって、決して荒れないわけではない。では、どんな存在が波乱を起こすのか。過去の結果からその傾向を探ってみたい。