2017.07.29

GI馬2頭に隙あり。クイーンSで
女性記者3名が選ぶ穴馬は4頭いた

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 三浦晃一●撮影 photo by Miura Koichi

 夏の北海道シリーズも舞台は札幌競馬場へ。開幕週のメインを飾るのは、牝馬限定のGIIIクイーンS(7月30日/芝1800m)だ。

 今年は、古馬牝馬の「春の女王決定戦」となるGIヴィクトリアマイル(5月14日/東京・芝1600m)を制したアドマイヤリード(牝4歳)と、3歳の「マイル王決定戦」GINHKマイルC(5月7日/東京・芝1600m)を快勝したアエロリット(牝3歳)の、2頭のGIウイナーが出走予定。これほどの実績馬が出走するのは珍しく、人気もこの2頭に集中しそうだ。

 では実際に、レースもこのGI馬2頭であっさり決まってしまうのか。現地・札幌入りして取材中のスポーツニッポンの村松由季子記者はこう語る。

「毎年、いかにも夏のGIIIといったメンバーで、頭数もそんなに多くはならないのですが、今年はGI馬2頭を中心になかなかいいメンバーがそろいました。ただ、洋芝で、開幕週という特異な状況だけに、ひと筋縄ではいかないとも考えています」

 村松記者はGI馬2頭にも付け入る隙は十分にあるという。そして、こう続けた。

「アドマイヤリードは、力は断然だと思う反面、洋芝が初めて。しかも、脚質的に小回りの開幕週が課題となります。アエロリットも、初の古馬相手。さらに、初距離、初の洋芝と"初物づくし"なのは気になるところです。もちろん、それらの課題をクリアしてここで結果を出すようなら、ともに秋に向けて視界は良好と言えます。

 ですが、かなりの人気を背負うでしょうから、心配材料があることを考えれば、他の馬に食指が動きます。2頭の前で競馬ができるクロコスミア(牝4歳)を狙ってみたいです」