2017.05.01

ダービーでも侮れない。スタッフが
驚愕するペルシアンナイトの切れ味

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

2017年クラシック候補たち
第11回:ペルシアンナイト

 牡馬クラシック第1弾のGI皐月賞(4月16日/中山・芝2000m)が終了し、ファンの視線は第2弾の、競馬界最高峰のレースである日本ダービー(5月28日/東京・芝2400m)へと向けられている。

 その行方を占ううえで、やはりカギとなるのは「皐月賞の上位組」だろう。勝ち馬アルアイン(牡3歳)はもちろんのこと、2着に惜敗したペルシアンナイト(牡3歳/父ハービンジャー)にも注目が集まっている。

鋭い切れ味を秘めるペルシアンナイト アルアイン同様、栗東トレセン(滋賀県)の池江泰寿厩舎が管理するペルシアンナイト。昨年8月のデビュー戦を3馬身差で快勝すると、2戦目は関東に遠征し、オープン特別のアイビーS(2016年10月22日/東京・芝1800m)に出走した。

 ここでは、のちにGI阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年12月11日/阪神・芝1600m)を無敗で制した2歳女王、ソウルスターリング(牝3歳)に屈したものの、その強敵と変わらぬ決め手を発揮。2着に食い下がって、力のあることを示した。