2017.03.17

実績馬が故障、良血馬が不調…。
ますます混迷「3歳牡馬ランキング」

  • text by Sportiva
  • photo by Miura Koichi

2017年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牡馬編:第3弾)

 3月に入って、3歳牡馬クラシックの前哨戦も本格化。1カ月後には、いよいよ第1弾となる皐月賞(4月16日/中山・芝2000m)が開催される。

 年明けの主な重賞では、GIII京成杯(1月15日/中山・芝2000m)でコマノインパルス(牡3歳/父バゴ)が快勝し、GIII共同通信杯(2月12日/東京・芝1800m)ではスワーヴリチャード(牡3歳/父ハーツクライ)が切れのある末脚を駆使してハイレベルな一戦を制した。

近年、クラシック馬を多く出している共同通信杯を制したスワーヴリチャード また、皐月賞の最重要トライアルとなるGII弥生賞(3月5日/中山・芝2000m)では、GIIIラジオNIKKEI杯京都2歳S(2016年11月26日/京都・芝2000m)の覇者カデナ(牡3歳/父ディープインパクト)が完勝。骨のあるメンバーを蹴散らして、重賞2連勝を飾った。

 一方で、ムーブザワールド(牡3歳/父ディープインパクト)や、サトノアーサー(牡3歳/父ディープインパクト)といった期待の良血馬は、クラシックの登竜門とされる重賞でそれぞれ敗戦。本番に向けて、厳しい状況に立たされることになった。

 そんな中、さらに衝撃的なニュースが入ってきた。2歳時に唯一重賞を2勝し、クラシックの有力候補と目されていたブレスジャーニー(牡3歳/父バトルプラン)が故障。戦列を離れることになったのだ。

 これによって、「混戦」とされていた3歳牡馬戦線は一層混迷を極めそうなうえ、「超ハイレベル」と言われる3歳牝馬戦線に比べて、やや低調なムードも漂い始めている。

 ともあれ、本番まで1カ月。現時点における3歳牡馬の『Sportivaオリジナル番付()』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独自なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、今春のクラシックを目指す3歳牡馬の、現時点における実力・能力を分析しランク付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。