2016.03.14

「3戦3勝」狙うドレッドノータス。皐月賞に新たな主役登場か

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

2016年クラシック候補たち
第7回:ドレッドノータス

 およそ1カ月後に迫ってきたGI皐月賞(4月17日/中山・芝2000m)。3歳牡馬クラシックの開幕戦を前にして、「3戦3勝」というキャリアが今年の主役候補のキーワードになってきている。

 GIIIきさらぎ賞(2月7日/京都・芝1800m)を圧勝したサトノダイヤモンドも、GII弥生賞(3月6日/中山・芝2000m)で強豪を撃破したマカヒキも、無傷の3戦3勝という結果を残して、クラシックの最有力候補へと一気に躍り出た。

 そんな中、さらにもう一頭、「3戦3勝」を決めて主力の一角に名を連ねようとしている馬がいる。矢作芳人厩舎(栗東トレセン/滋賀県)に所属するドレッドノータス(牡3歳/父ハービンジャー)である。

スプリングSをステップにして、皐月賞へと向かうドレッドノータス 昨年10月のデビュー戦を勝利した同馬は、2戦目の舞台にGIII京都2歳S(2015年11月28日/京都・芝2000m)を選択。初戦と同様、武豊騎手とのコンビで出走した。

 レースでは、好スタートから2番手の好位をキープ。序盤はややかかり気味だったものの、向こう正面に入ってからは折り合って、逃げるリスペクトアースを射程圏にとらえて追走した。そのまま直線を迎えると、最後はリスペクトアースと一騎打ちとなり、ゴール目前でドレッドノータスが逆転。デビュー2連勝で重賞制覇を遂げた。