2016.03.07

良血馬たちを一蹴か。陣営が絶対の自信持つロードクエストの末脚

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

2016年クラシック候補たち
第6回:ロードクエスト

 早々にデビュー勝ちを収めた有力2歳馬が集う、夏のGIII新潟2歳S(新潟・芝1600m)。2014年の桜花賞(阪神・芝1600m)を制したハープスターや、2008年の朝日杯フューチュリティS(中山・芝1600m)を勝ったセイウンワンダーらが、この舞台で白星を飾って、のちのGI馬となった。さらに、ジャスタウェイ(2011年、2着)やイスラボニータ(2013年、2着)など、多くの名馬がここをステップにして、その後に飛躍を果たしている。

 そして昨年の新潟2歳S(2015年8月30日)でも、「将来の大物候補」が躍動した。驚異的なパフォーマンスで他馬を圧倒した、ロードクエスト(牡3歳/父マツリダゴッホ)である。

新潟2歳Sの衝撃的な勝利で早々にクラシック候補に挙がったロードクエスト 昨年6月のデビュー戦を快勝し、新潟2歳Sへ直行したロードクエスト。スタートで出遅れて、道中は最後方の18番手を追走する苦しい展開となった。しかし直線に入ると、インコースからアッという間に前方馬群をごぼう抜き。まるでワープしたかのような加速でトップに踊り出て、そのまま後続を4馬身も突き放した。

 3戦目は、およそ4カ月の休養を挟んで年末のGIIホープフルS(2015年12月27日/中山・芝2000m)に臨んだ。ここでは2着に敗れたものの、最後方からきっちり追い込んで、能力の高さを示した。