2015.12.19

朝日杯FSは、エアスピネルが10年越しの母の仇をここで討つ

  • 平出貴昭(サラブレッド血統センター)●文 text by Hiraide Takaaki   photo by AFLO

 今週末、12月20日に阪神競馬場で行なわれるGI朝日杯フューチュリティステークス(芝1600m)は、2歳牡馬のチャンピオンを決める一戦。ここで、血統的に見て非常に興味深い対決が実現する。エアスピネル(牡2歳/栗東・笹田和秀厩舎)とリオンディーズ(牡2歳/栗東・角居勝彦厩舎)の対決だ。

デイリー杯2歳Sを快勝! 1番人気が予想されるエアスピネル

 この2頭、エアスピネルの母エアメサイア、リオンディーズの母シーザリオが同期のライバル同士で、2005年のクラシック戦線で鎬(しのぎ)を削っていたという間柄だ。2頭は2度対決。最初は牝馬クラシック第1弾のGI桜花賞で、シーザリオが2着(1番人気)、エアメサイアが同馬からクビ+1馬身3/4差の4着(3番人気)。そして、2戦目が牝馬クラシックの最高峰・GIオークスで、シーザリオが1着(1番人気)、エアメサイアがクビ差の2着(2番人気)だった。2度の対決はいずれもシーザリオが先着。その後シーザリオはアメリカに渡り、米GIアメリカンオークスを勝利。日本産馬初の海外GI制覇という名誉を手にした。そしてエアメサイアはシーザリオ不在の秋、3歳牝馬3冠の最終戦・GI秋華賞を制したのである。

 あれから10年。母として順調に産駒を出し続けた牝馬2頭。エアスピネルはエアメサイアの4番仔、リオンディーズはシーザリオの6番仔としてこの世に生を受け、ついにGIの舞台で相まみえることとなったのである。母同士が同期のGI馬で、それぞれの産駒同士が同性で誕生し、同じGIレースに出走するというのは極めて珍しいケースと言えるだろう。