2014.04.16

【競馬】無傷で挑む皐月賞。トーセンスターダムに託された「夢」

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • JRA●写真

ドラマチック春競馬(10)
「3強物語」トーセンスターダム編

 皐月賞(4月20日/中山・芝2000m)を皮切りに、いよいよ開幕する今年の3歳牡馬クラシック。多士済々の顔ぶれがそろった中でも、ひと際輝きを放っているのが、ここまで3戦全勝のトーセンスターダム(牡3歳。父ディープインパクト、母アドマイヤキラメキ)だ。

 デビュー戦となる新馬戦(2013年10月20日/京都・芝1800m)を快勝すると、続く京都2歳S(11月23日/京都・芝2000m)では、スタートで出遅れながらも、上がり3ハロン(600m)33秒6の末脚で追い込んで勝利。そして3戦目のGIIIきさらぎ賞(2月9日/京都・芝1800m)でも、前2戦を逃げて圧勝してきたバンドワゴン(牡3歳)を、ゴール前できっちりとかわして3連勝を飾った。まさに順風満帆に、キャリアを積み上げてきた。

デビューから3戦3勝のトーセンスターダム。 トーセンスターダムが初めて注目を集めたのは、今から2年前のこと。2012年に開催された競走馬のセリ市「セレクトセール」で、2億5000万円の高値がついたときだった。これほどの高額馬を購入したのは、島川隆哉氏。「トーセン」の冠名で知られる馬主だ。

 島川氏といえば、良血馬を度々高値で落札するオーナーとしても有名。ほとんどの年のセレクトセールで、億を超える馬を落札しており、なかでも2002年に購入したトーセンダンス(父サンデーサイレンス、母ダンシングキイ。姉にダンスパートナーやダンスインザムード、兄にダンスインザダークなど、多数のGI馬がいる)は、3億3500万円という破格の金額だった。この落札額は、当時の当歳馬(0歳)における世界レコード(現在の最高落札額は、2006年に落札された「トゥザヴィクトリーの2006」の6億円。父キングカメハメハ)。トーセンスターダムも、そんな島川氏が落札した高額馬の一頭である。

 良血馬の馬主としてお馴染みの島川氏には、もうひとつの「顔」がある。それは、「オーナーブリーダー」としての一面だ。