2014.03.08

【競馬】粒ぞろいの弥生賞。人気の盲点アズマシャトルが面白い

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 早くもクラシックのトライアル戦が東西で開催されます。3月8日に桜花賞トライアルのチューリップ賞(阪神・芝1600m)が、3月9日に皐月賞トライアルの弥生賞(中山・芝2000m)が行われます(それぞれ上位3着までに優先出走権が与えられる)。

 ともに本番と同じコースで行なわれるとあって、毎年有力馬が集結します。チューリップ賞には、牝馬のみならず、牡馬を含めても世代ナンバー1の呼び声高いハープスター(牝3歳)が登場。ライバルと目されている既成勢力が出走していないため、負けられないところでしょうね。ただ、クラシック出走への賞金が足りている馬にとっては、まさに"トライアル(試走)"だからなのか、過去にはスティルインラブやアパパネといった、のちの牝馬三冠馬もここではコロッと負けています。はたして、ハープスターはどんな競馬を見せるのか。焦点となるのは、その一点です。

 ハープスターにだけ注目が集まるチューリップ賞と違って、弥生賞は混戦の牡馬戦線を象徴するように、ここでいい競馬をすれば、本番の皐月賞でも好勝負できそうな実力馬が何頭もいます。察するに、本番での勝ち負けまで意識して、同レースに挑んできている陣営も多いと思います。

 とはいえ、現時点で賞金的に皐月賞出走が叶いそうな馬は、重賞勝ち馬のワンアンドオンリー(牡3歳/収得賞金2000万円)、3連勝中のトゥザワールド(牡3歳/収得賞金1850万円)、重賞2着で賞金を加算したキングズオブザサン(牡3歳/収得賞金1650万円)くらい。オープン特別を勝っているエアアンセム(牡3歳/収得賞金1150万円)でも、今後のトライアルの結果次第では出走できない可能性があります。

 また、ホースマンの夢でもある日本ダービー出走を考えると、賞金のボーダーラインはさらに上がります。ワンアンドオンリーは確定的ですが、トゥザワールドでも微妙なところ。とすれば、各陣営とも「できれば、ダービーまで出走可能な賞金を加算させたい」という思いが強く、トライアルとはいえ、勝負への意識も高いはず。その分、力のある面々がどんなレースをするのか、非常に楽しみですし、馬券的にも面白いのではないでしょうか。

 そんな弥生賞で、まず注目されるのは、トゥザワールドです。