今季3勝目の古江彩佳、強さの秘密は「父の教え」。20歳で語った結婚観

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

 バーディーを奪うことよりも、まずはボギーを打たないことを強く意識する姿勢は、父である芳浩さんの教えだという。

「高校2、3年生ぐらいから、コーチであるお父さんに、『バーディーをとっても、そのあとにボギーを打ったら意味がないだろ』というような話をよくされていました。ボギーを打てば、チャラになるのは痛いぞ、と」

 簡単には崩れない古江のゴルフを、一緒に回って敗れた笹生もこう評し、自身に喝を入れた。

「すごく安定していてブレないし、パターも上手。悔しさは......勝つのは100人いてひとりですから。(優勝を逃して)悲しいとか、もったいないとか思わず、(自分自身に)『もっと練習しろ!』と思います」

 来年末まで続く長いシーズンで、ただひとり最多となる3勝目を挙げ、古江は一躍、期待の新星からツアーを牽引する立場となった。最終日は11月22日で、「いい夫婦の日」。20歳の古江にも結婚観の質問が飛んだ。

 苦笑しながら、古江はこう話した。

「結婚はしたい。20代で、したいです。ひとつ目の目標はママさんになって、(ツアーに)戻ってくることなので、それを踏まえると、30代手前で出産して帰ってくるのが理想ですね」

 その前に、今季の賞金女王や来年の東京五輪も、目指したくなる視界に入ってくるのではないか。

「考えなくもないですけど、試合を一つひとつがんばりたい」

『黄金世代』や『新世紀世代』とともに、古江と同い年である西村優菜や安田祐香、吉田優利ら2000年度生まれの『ミレニアム世代』が今季の日本女子ツアーを活性化してきたが、むしろ『古江世代』と呼ぶほうが的を射ているかもしれない。

◆谷原章介がゴルフショップで見て体験して実感した最新クラブの性能
第1弾


第2弾


ゴルフ情報ウェブマガジン「Good Golf Life」誕生>>

2 / 2

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る