2020.04.30

【木村和久連載】倶楽部メンバーに
なる前に。視察プレーのポイントは?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第253回

“コロナパニック”とて、いつかは終息するはずです。その時、未曽有の景気回復が起きると思います。そんな、V字の復興バブルを期待して、ゴルフ会員権についての勉強を少ししておきましょうか。

 現在、ゴルフ会員権相場は、ざんざん降りの大雨状態です。つまり、買うのは今がチャンスなのですがね。実際は買わなくてもいいですから、もし今買ったら、来年にはどれぐらい値段が上昇しているのか、想像してみるのも楽しいと思います。

 まずは基本。どこぞの会員権を買って、メンバーになるとは、どういうことなのか?

 現在、ほとんどのコースがネットから予約できるので、”プレー権”を買っても、さほど御利益はありません。

 一番の違いは、月例などのクラブ競技に参加できることです。ほか、プレー代は、平日、土日を問わず、一律6000円程から1万円前後。これは、平日のビジター料金とさほど変わりませんが、土日のビジター料金はこの倍ほどになります。ざっと1万円くらいは、ビジターのほうが高くなりますかね。

 だから、メンバーは毎週末コースに来てラウンドすれば、同じように毎週末ラウンドするビジターと比べて、年間で50万円ほどお得になる。500万円のコースなら、それを10年間続ければ、同様にラウンドを続けているビジター(のプレーフィー)と総額がようやく一緒になる――そういう損得勘定になります。

 まあ、これはあくまでも金銭的な話で、実はメンバーになると、目に見えないステイタス、エクスクルーシブな空間と時間が共有できる――そう理解していただきたいです。