2019.11.29

渋野日向子が「なっさけねえ」
4パットも吉兆か。「やけ食い」で変心

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

 2オンに成功しながら、イーグルどころかバーディーまで逃し、まさかまさかの4パット――。

初日を2アンダー、3位タイで終えた渋野日向子 小雨と強風に見舞われた日本女子ツアー最終戦、LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(11月28日~12月1日/宮崎県)の初日、渋野日向子のスコアが動いたのは、9番ロングホールだった。前週まで平均パット数(パーオンホール)と平均バーディー数のスタッツが1位の渋野が、4パットでボギーを叩いてしまう。

「(下り10mのイーグルトライは)下りを意識しすぎて、弱気でショートし、(バーディーパットは)強めに打ったら、結構フックしてしまって。返しのパーパットは『スライスするかな』と思って左に打ち出したら、またフックしちゃった……。予想外でした」

 4パットは、8月の全英女子オープン最終日以来のこと。もちろん、その大会を制した渋野にしてみれば、4パットも吉兆であろう。

「すぐに思い出しました。ただ、全英は強気で打って4パット、今回は弱気で打って4パット。”入れる”というより、”寄せ”にいっちゃったのかな。なっさけねえなぁって思います」

 ハーフターンを前後して、お菓子やリンゴ、ちくわをモグモグ。シブコは「(4パットのショックによる)やけ食いです」と笑ったものの、失敗を引きずらず、すぐにカムバックしてスコアを伸ばす。

 11番のロングホールで、2打目を約1mの位置につけ、楽々とイーグル奪取に成功する。

「すごく気持ちよかった!」

 スコアが黒字からアンダーパーを意味する赤字に転じると、16番パー3でも第1打を1mちょっとにつけ、バーディーを奪って通算2アンダーに伸ばし、そのままホールアウトした。