2019.08.14

セキ・ユウティンの素顔。
「すき焼きが好き。カラオケにも行きます」

  • 水野光博●取材・構成 text by Mizuno Mitsuhiro
  • 牛島寿人●撮影 photo by Ushijima Hisato

セキ・ユウティンインタビュー(後編)

日本で生まれ、中国で育ったセキ・ユウティン。すでに中国や台湾で人気を博し、日本での知名度も徐々にアップしている。そんな彼女に、自らの生い立ちやプライベート、意外な一面の話まで聞いた――。

――そもそも、なぜゴルフをやり始めたのでしょうか。そのきっかけから教えてください。

「最初は、お父さんがゴルフを始めることになったのですが、その際にひとりで練習するのは寂しかったらしく、7歳だった私を一緒に(練習場へ)連れていってくれたのが、きっかけです。8歳の時には、お父さんに勝ちました(笑)。

 ただ、最初は『楽しいな』と感じていたのですが、さらに上達するためには反復練習を毎日しなければいけないので、子どもだった私は、内心『もっと遊びたいな』って思っていました(笑)」

――ゴルフが面白くなったのは、いつ頃からですか。

「9歳の時にジュニアの大会に参加して、同じ年齢の選手と友だちになったこと。そして、3位に入賞して賞品をもらったことがうれしくて、だんだんと面白くなっていきました」

――そこから、プロになろうと決めたのは、いつ頃でしょうか。

「11歳の頃から中国ツアーのマンデートーナメントに参加するようになり、13歳の時に出場した大会で3位になって、中国のナショナルチームに参加するようになりました。当時のナショナルチームはプロとアマが一緒に練習をしていたので、プロ選手に教わるうちに、『私もプロになりたい!』と思うようになりました」

――目標にしている選手はいますか。

「リオデジャネイロ五輪の銅メダリスト、フォン・シャンシャン選手(30歳/中国)です。

 それから、宮里藍さんも大好きな選手です。11歳の時にシンガポールで1ホールだけですけど、ご一緒させていただいたことがあるんです。その日、ちょうど私の誕生日だったんですが、藍さんが『Happy Birthday』と書いたゴルフボールをプレゼントしてくれました。そのボールは、今でも私の宝物です。あんなに小さな体で世界ランキング1位になった藍さんは、目標にする選手のひとりでもあります」