2018.11.20

小平智と谷原秀人が挑むワールドカップ。
日本、3度目の世界一なるか

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 サンクスギビング(感謝祭)による休暇を迎えるアメリカでは今週、ラスベガス(11月23日)で、タイガー・ウッズとフィル・ミケルソンとの世紀の対決が開催され、ゴルフファンの注目を大いに集めることだろう。

 一方、オーストラリアでは米PGAツアーが主催する国と地域別の対抗戦、ISPS ハンダ・ワールドカップ・オブ・ゴルフ(11月22日~25日/メルボルン)が2年ぶりに開催される。

 前回の2016年大会では、日本チームは松山英樹と石川遼がペアを組んで参戦。最終日を4位で迎えて、優勝への期待も膨らんだが、最終的には6位タイに終わった。それでも、人気ペアの奮闘が大きな話題となったことは、記憶に新しい。

 今年の大会には、9月3日時点の世界ランキングにおける上位28カ国(地域も含む)が出場。それぞれ2人ペアでの参戦となり、各国、各地域のランキング最上位の選手がパートナーを選出する。

 今回の日本チームは、ランキング最上位の松山が出場を辞退。そのため、次点として、昨季PGAツアーで初勝利を挙げた小平智が参戦することになった。そして小平は、欧州ツアーで活躍を続ける谷原秀人をパートナーに指名。小平&谷原ペアで世界の強豪に挑む。

谷原秀人とペアを組んでワールドカップに出場する小平智