2018.07.13

松山英樹とどちらが先か。畑岡奈紗、
悲願のメジャー制覇はすぐそこにある

  • 武川玲子●取材・文 text by Takekawa Reiko
  • photo by Penta Press/AFLO

 畑岡奈紗(19歳)の勢いが止まらない。

 今季女子メジャー第3戦、KPMG全米女子プロ選手権(6月28日~7月1日/イリノイ州)の最終日に、強風で多くの選手がスコアを伸ばせずにいるなか、「64」という圧巻のスコアをマーク。驚異的な追い上げを見せてトップに並んだ彼女の姿は、米女子ゴルフ界に大きな衝撃を与えた。

 最終的に畑岡は、トップに立った3人によるプレーオフ1ホール目で脱落。韓国のパク・ソンヒョンが栄冠を手にして、惜しくも快挙達成はならなかったが、メジャー勝利も確実に手が届くところにあることを証明してみせた。

 畑岡が言う。

「プレーオフまでいったのはよかった。(メジャー制覇へ)あとやるべきことは、ひとつだけ」

全米女子プロ選手権では惜しくもプレーオフで敗れた畑岡奈紗 畑岡はこの試合の前週、ウォルマート NW アーカンソー選手権で米ツアー初優勝を挙げた。通算21アンダー、2位に6打差をつけての圧勝劇だった。

 予選落ちが続いたルーキーイヤーの昨年とは打って変わって、今季はツアー序盤から安定した実力を発揮。4月以降の大会では上位争いにもたびたび絡むようになって、周囲はもちろん、彼女自身も「まもなく勝てるだろう」と確信していた。

 では、畑岡は昨季とは何が違うのか。その強さの秘密はどこにあるのだろうか。