2017.01.10

オフに「お酌の練習をした」
松山英樹。2017年初戦も2位と好発進

  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reiko text by Sportiva
  • 益田佑一●撮影 photo by Masuda Yuihci

 2017年を迎えても、松山英樹(24歳)が好調だ。

 PGAツアー2016-2017年シーズンの年明け初戦、ハワイ州マウイ島のカパルア・プランテーションコースで行なわれたSBSトーナメント・オブ・チャンピオンズ(1月5日~8日)。昨年のツアー優勝者だけが出場できる大会で、松山は惜しくも優勝は逃したが、見事2位でフィニッシュした。これで、新シーズンは4戦2勝、2位2回(※アンオフィシャルのヒーロー・ワールドチャレンジ優勝も含む)と、抜群の成績を残している。

SBSトーナメント・オブ・チャンピオンズで2位となった松山英樹 大会前、オフ明けの松山はとてもリラックスしていた。

「オフは何もしていないです。練習も、トレーニングも。お酒ばっかし飲んでいました。毎日バカみたいに飲んでいるわけじゃないけど、飲んで休んで、飲んで休んで……。ああ、お酌のトレーニングは結構しましたよ(笑)。(オフの間は)ゴルフのことを何も考えずにいられたので、それはよかったな、と思います。リフレッシュできたし、疲れもとれました。ほんと、何もしてなかったですから」

 十分にオフを満喫した松山。「その分、(ゴルフの感覚は)ちょっと鈍っていますけど」と話していたが、昨年の終盤と変わらず、初日から安定したプレーを披露。4バーディー、ノーボギーの「69」をマークして、トップと4打差の7位タイという好位置でスタートした。